『商品の在庫はどのくらい持つべきか?』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

おはようございます!

 

 

まさひろです。

 

 

今回はコンサル生さんからいただいた質問について説明していきたいと思います。

 

今回いただいた質問は、

 

『1 商品あたりの在庫数はどの位を目安にしたらいいですか?』

 

この質問についてです。

 

 

まず、

 

結論からいいますと何個という答えはありません。

 

当然のことですが、売り方や商品によってそれぞれ異なります。

 

さらに、

 

在庫切れによる機会損失を防ぐため多少の期間は我慢してでも在庫を抱えるのか

 

または

 

資金を出来るだけ回転させる為に少しでも早く現金化する事を優先するのかで変わってきます。

 

つまり、

 

その人その人で取り組み方が違うので詳しい詳細を聞かないとわかりません。

 

例えば私のAmazonでの場合ですと、

 

独自ページが中心ですので、セラーセントラルのビジネスレポートから月間の注文された商品点数からだいたいの予測がたてられます。

 

ライバルの動向に左右されづらいので毎月同じくらいの販売数になります。

 

スクリーンショット 2016-07-28 10.35.26

 

相乗り出品の場合ですと、ライバルの増減で販売数は大きく変わってきますのであまりあてになりません。

 

ですので、

 

何個と決めるのは難しいですが、

 

資金に余裕があるのであれば先月と同じ位の個数

 

資金に余裕が無ければ先月よりも若干少なめに発注

 

といった具合です。

 

資金が少ない時に長期の不良在庫を抱えるのは避けたいですからね。

 

私も何点かは相乗り出品の商品がありますが多くても50個です。

 

およそ1ヶ月で販売しきれる数量を目安としています。

 

それでも、

 

ランキングが上がり、ライバルセラーが一気に増えれば不良在庫になる可能性もたかくなりますので、

 

その都度、

 

ライバルセラーが減るまで待つのか

 

薄利でもいいので売り切ってしまうのかは判断しなければなりません。

 

その辺りも、含めて独自ページを中心にする方がリスクも少なくていいですね!

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

 

 

【編集後記】

 

近々、3期のコンサル生を募集する予定です。

 

1期、2期とは異なるスタイルで初心者の方でも受けやすいリーズナブルなコンサルティングを予定しています。

 

 

 

いつも応援ありがとうございます!  

 

あなたの1クリックが励みになっています!
 
人気ブログランキングへ  
 
【追伸】
 
たくさんのメルマガ登録ありがとうございます!
 
儲かる商品が見つからないというお声を多く頂いております。
 
そこで、
メルマガ読者限定で儲かる商品を無料紹介していきたいと思います!
 
私が普段どんな商品を仕入れ対象にしているのかもわかると思いますので
参考にして頂けたらと思います
 
メルマガ内の『儲かる商品リスト』を見ていただき
少しでもあなたの売上アップに貢献できれば幸いです !
 
『儲かる商品リスト付き!誰でもできるかんたん中国輸入ビジネス』
 
無料メルマガ登録はこちらから
 
【追伸2】
 
メルカリで稼ぐ為の最強ツールが誕生しました!
 
詳しくはこちらから
 
【追伸3】
 
一緒に中国に行きませんか?
海外旅行気分で楽しく稼ぐ!
 
現地無料コンサルティングのお申し込みはこちらから
 
【追伸4】
 
中国輸入ビジネスに興味のある方、
またはすでに実践されている方で伸び悩んでいる方を対象にした無料相談を行っております。
 
私のわかる範囲でお応えさせて頂きますのでお困りの方はぜひご相談下さい!
 
無料相談はこちらから
 
 
 
スポンサーリンク

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

管理人:中国輸入コンサルタント
細谷 まさひろ

知識なし、人脈なし、資金なしの状態から、
サラリーマンの副業として始めたインターネット物販は、
国内せどりから始まり、
欧米輸入そして中国輸入と続き今年で 6 年目となりました。
今では脱サラし会社を設立して毎月のように月 商 1000 万円を売り上げています。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー
最近のコメント
ブログランキング

ブログランキングに参加しております。

ポチっとしていただけますと、大変励みになります。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

ページの先頭へ