『ネットショップの構築①』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
ネットショップの構築①
コンサル生の方からネットショップを作ったものの、 商品が全然売れないという相談がありましたのでこちらについてお話ししたいと思います。
こちらのテーマについては、 より詳しく説明していきたいと思いますので、 メルマガ限定版とブログ版でお話ししていきたいと思います。
まず、 ネットショップをOPENしたらお店作りをする必要があります。
これはAmazonで販売する場合には無い作業になりますね。
つまりこれがライバルとの差別化となり、 お客様を囲い込むチャンスとなります。
初めにお店を作る上で考えなくてはいけないのは、 どんなお店を作っていくかですね。
・あらゆる輸入雑貨を扱うお店なのか ・何かのジャンルに特化したお店なのか ・高級品ばかりを取り揃えたお店なのか
・安い物ばかりを扱うお店なのか
どれが正解で、どれが間違いという事はありませんが、 私の考えでは、 初めのうちはある程度商品を絞り込み、 出来るだけ利益率の高い商品で固めていくのがいいと思います。
それは資金の問題があるからです。 商品数が多ければ、もちろん売り上げは伸びます。 安売りすれば、商品はどんどん売れていきます。
ですが、 商品数が増えれば動かすお金が大きくなります。 そして、 利益率を下げれば手元に残るお金は僅かになりますのでかなりの消耗戦になります。 もちろんこれはダメではありません。 このスタイルでも十二分に儲けられます。
ただ、 初めからこのスタイルでは正直シンドイです。 私自身、 中国輸入ビジネスを始めたばかりの頃は本当に薄利でした。
中国輸入ビジネスをスタートした約5年前 当時、 100円の物が2000円や5000円にも変わる、 かなりの暴利と言われる中国商品でライバルセラーと比べても圧倒的に薄利でした 笑 きっとライバルは変なのが参入して来たと思ったかもしれませんし、 お客様にも、 『長くお付き合いしたいので、潰れないでくださいね』と、 心配される程でした 笑
ライバルよりも価格を下げ、 薄利にする事で毎日の様にビックリする様な数が売れていくので、 商品が売れないという事から解放された嬉しさで、 ダ○ソーを目指していました 笑
では、これが続くとどうなるかというと、 本当に笑えるくらい精神的にも肉体的にもシンドイことになります。 商品が大量に売れると言う事は、大量に仕入れる必要があります。 つまり資金が必要になります。
そして、 作業量が増えますので人を雇うことになり固定費が必要になってきます。
規模が大きくなれば税金も大きくなります。 動かすお金が大きくても戻りが少なければ手元に残るお金がなかなか増えていかないので不安になります。
不良在庫が増えればかなり危機的状況となるわけです。 これは資金力があればクリア出来ますが、資金がなければお勧めはしません。
ですので、 まずは少数精鋭で構築していくのがいいと思います。 長くなってしまったので続きは次回にします! 最後までお読み頂きありがとうございました!



p.s1

メルマガリニューアルしました!
頻度は少ないですがブログでは話せなかった面白い情報もどんどん発信していきますので是非登録をお願いします。
 

p.s2

完全無料!
中国輸入ビジネスコンサル生募集!

中国輸入インターネット物販において月収0~100万円の方が対象者となります。


詳しくはこちらから!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

管理人プロフィール

管理人:中国輸入コンサルタント
細谷 まさひろ

知識なし、人脈なし、資金なしの状態から、
サラリーマンの副業として始めたインターネット物販は、
国内せどりから始まり、
欧米輸入そして中国輸入と続き今年で 6 年目となりました。
今では脱サラし会社を設立して毎月のように月 商 1000 万円を売り上げています。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー
最近のコメント
ブログランキング

ブログランキングに参加しております。

ポチっとしていただけますと、大変励みになります。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

ページの先頭へ