年末から旧正月にかけてするべき対策は

こんばんは!

まさひろです。

クリスマスも終わり、今年も残り数日となりました。

一年が本当にあっという間ですね。

これから日本はお正月となる訳ですが、

中国は日本よりも遅れて旧正月がやってきます。

この間は仕入れも中国からの発送も出来なくなる為、在庫切れが多発するわけですね。

毎年の様に起こる現象ですが、
在庫切れのセラーが多発することで商品価格が徐々に高騰してきています。

商品によっては通常よりも1000円〜2000円位高くなる物もあります。

ライバルがいないにもかかわらず、わざわざ安く出品する必要はないですからね。


勿論、
全ての商品に言える事ではありませんが、今年もある程度はそうなると思っています。


なかなか販売数の予測が立てづらい時期ですし、
このレッドオーシャンと言われている中国輸入ビジネスで商品を大量購入する方はいませんからね。


ある程度出品者が減ってきたら最安の出品者から購入してしまい、
売り直してもいいですし、

ヤフオクで安価で捨て売りされている場合もありますので、購入してAmazonに出品するのもいいと思います。


これからの時期は、
商品ごとの売れ行きやライバルセラーの在庫数をチェックすることで、
大きく資金を増やすチャンスですね!

最後までお読み頂きありがとうございました! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

『男はお金が9割』オススメの一冊 

私がビジネスを続けてきた中で勉強した、
オススメの一冊を厳選してご紹介していきたいと思います!

image

『男はお金が9割』 (著)里中李生


まず、男性向けで内容も賛否両論あると思います 笑

共感出来ない部分も勿論ありますが、惹かれるものもあり、
私はとてもモチベーションが上がりました!

男はお金を稼げなくてはなりません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

国内業者に商品を卸すには

こんにちは!
まさひろです。
 
今回は【国内業者への中国商品の卸し】
 
こちらについてお話ししたいと思います。
Amazonやヤフオク、楽天、モバオク、ネットショップ
こういったプラットフォームを利用し商品を出品していると、
業者からのお問い合わせがくる事があると思います。
この
業者からのお問い合わせが、国内業者卸へのスタートとなります。
勿論、この方法以外にも自身で営業をかければ、卸先を見つける事もできます。
業者への卸しのいいところは、
・不良在庫が出ない。
 
・商品の出品やページの作成、面倒な取引連絡が無い。
・ある程度取引を重ね、信用を得る事で購入ロット数が増え、
一回の取引で、かなりの利益が出る。
・不良在庫を買い取ってもらえる。
他にも、
欲しい商品は聞けばいいので、リサーチ不要。
卸先に別の業者を紹介していただく事で、卸先がさらに拡大する。
商品を安く仕入れられる。
この、
『商品を安く仕入れられる』
これには2つの意味があります。
1つは、
かなりのロットで仕入れますので、自身の商品もかぶせて発注する事で、
より安く仕入れる事ができます。
(自身で販売する時は卸先にも確認した方がいいと思います)
2つ目は、
卸先から商品を仕入れる事で商品を安く仕入れる事ができます。
商品によっては卸先の方が安く仕入れている場合もありますので、そちらから仕入れてみるのもいいと思います。
業者への卸しには、このようなメリットが多数あります。

今までの経験からネットショップからのお問い合わせが1番多い様に感じます。 

業者からお問い合わせがきましたら面倒くさがらずに是非交渉してみてください。
最後までお読みいただきありがとうございました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

フリマで中国商品を出品する

こんばんは!


まさひろです。


日曜日は、

私がお世話になっている神田貿易さんが大阪のフリマに出店するという事で応援に来ました。

image

神田貿易さんをご存知でない方はこちらをご覧ください。
 


商品は全て中国から仕入れた物になるのですが、
2日で30万の売り上げだそうです。

主にハンドメイド品のフリマだったのですが、

仕入れた商品をそのまま出品している方もいれば、

仕入れた商品に手を加え、全く別の形で出品している方
まさにハンドメイドですね。

価格も安いものから、かなり高額なものまで様々です。

私も時間のある時にフリマに出店することがあるのですが、
インターネット上での販売と違い、対面での販売となる為、会話をしながら商品を販売します。

これがなかなか面白いのです!

お客様は商品に対してどの様に感じているのか

お客様は他にどういった商品が欲しいのか

商品のどういった部分が不満なのか

こういった普段聞けないような事も聞けます。

物販を続けていくうえで、とても大事な事ですね。


不良在庫があるのであれば現金化もできますし、

今は外でのフリマは寒いので大変ですが、
屋内のフリマ開催が近所であるのであれば出品してみるのも面白いと思います!


最後までお読み頂きありがとうございました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

欧米輸入と中国輸入の違いとは

おはようございます!

まさひろです。
 


今回は

【輸入ビジネスで月収100万円】

こちらについてお話ししたいと思います。

『月収100万円』

輸入ビジネスしているとよく見かける言葉ですね。

私の周りでも輸入ビジネスで、月収100万円を目指している方もいますし、
月収100万円以上稼ぐ方も沢山いらっしゃいます。

改めて考えてみると、

初心者の方でも、この月収100万円という金額を稼ぐ事は、
それほど難しい事ではなく比較的『簡単な事』だと感じています。

私は主に中国、アメリカから商品を輸入をしていますが、
どちらをメインにしても儲ける事は出来ると思います。

相性や、やり易さなどに違いはありますので、
自分のやりたい方、相性がいい方でやってみるのがいいと思います。

ちなみに、

『簡単に』とはいっても決してラクして稼げるという意味ではありません。

ラクして稼げるようなビジネスはハッキリ言ってありません。

一時的にラクして稼げる時期はあっても長続きしません。

それは、
ラクして稼げるようなビジネスは、すぐに参入者が増え飽和するからです。

ですので、ラクして簡単に稼げるという事ではなく

頑張れば初心者の方でも比較的稼ぎやすいビジネスという意味ですね。

それぞれの特徴ですが、

まず欧米輸入ですと、

・利益率が低い。
(現在ですと、だいたい15%前後)

・利益額は大きい。
(商品単価が高いため利益額も大きくなります)

・商品の質がある程度安定している。
(メーカー品やブランド品が主体のため品質が安定しています) 

・商品単価が高い
(1000円から3万円くらいまでの商品がターゲットとなっています)

・中国よりも無在庫販売に向いている。
(1つあたりの利益額が大きいので無在庫販売に向いている) 


・購入制限があり、安定した仕入れが出来ない事がある。 
(ブランド商品などは購入制限があります)

こういった特徴があります。

ebayやAmazon.com仕入れの転売でも勿論儲ける事はできますが、
パートナーを見つけ現地のお店から仕入れたり、

現地の人しか購入出来ないサイトから購入するのも強みになりますね。

また、各ブランド(COACHやケイトスペードなど)で頻繁にSALEを行っていますのでSALE率の良い時にはまとめて購入するのもいいですね。

毎年ブラックフライデーが注目されていますが、それ以外の日でも同じ様なSALE率のSALEは頻繁に行われています。

ブランド物であれば、バイマやAmazonで無在庫販売にも向いています。
ランキングの高い商品はある程度仕入れてもいいと思いますが、そうでない物は無在庫販売の方が不良在庫になるリスクを抑えられますね。

他にもゲームやDVDなども儲かる商品ですので、
安く販売しているお店やSALEを頻繁に行う店が見つけられるとかなり有利に進められます!

最後までお読み頂きありがとうございました!

次回は中国の特徴についてお話しします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
管理人プロフィール

管理人:中国輸入コンサルタント
細谷 まさひろ

知識なし、人脈なし、資金なしの状態から、
サラリーマンの副業として始めたインターネット物販は、
国内せどりから始まり、
欧米輸入そして中国輸入と続き今年で 6 年目となりました。
今では脱サラし会社を設立して毎月のように月 商 1000 万円を売り上げています。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー
最近のコメント
ブログランキング

ブログランキングに参加しております。

ポチっとしていただけますと、大変励みになります。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

ページの先頭へ